会社売却をすると決めたなら|業者選びが左右する

在宅介護支援が必要になる

介護士と老人

開業がスムーズに

昔は年を取って体が不自由になったら老人ホームに入居するという人が多かったのですが、これからは在宅介護の時代になります。その為訪問介護や家事代行、配食サービスなど在宅介護を支援する事業の需要が高まっています。介護ビジネスを始めたいと考える人も少なくありませんが、ノウハウをもっていないと事業を軌道にのせるまでに時間がかかります。フランチャイズなら開業支援をしてもらえるので、スムーズに事業を始めることができます。在宅介護の実績があり、手厚い開業支援を行っているのがやさしい手です。訪問介護事業、通所介護事業、高齢者住宅事業を始める人に対して相談にのっています。やさしい手のフランチャイズ事業に興味があるのなら、まずは各地で開催されているセミナーに参加してみると良いでしょう。セミナーに参加できない場合には電話やメールで資料を請求することもできます。資料を見てさらに詳しいことが知りたければ個人相談が行われます。どういった事業をしたいのかや資金のことなどが相談でき、納得がいけばコンサルタント契約を結びます。その後は店舗の準備や人員募集、スタッフの研修や利用者の募集などをやさしい手のスタッフと共に行っていくことになります。通所介護や訪問介護の場合は申し込んでから6ヵ月〜1年、高齢者住宅事業の場合には1年〜1年半で開業することができます。スムーズに事業を始めることができ、開業してから困ったことがあればやさしい手に相談できるので安心です。