会社売却をすると決めたなら|業者選びが左右する

介護士と老人

在宅介護支援が必要になる

やさしい手では通所介護事業や訪問介護事業、高齢者住宅事業の開業支援を行っています。開業支援のためのセミナーが開催されているほか、電話やメールで資料請求もできます。また興味がある人の為に個人相談が行われています。相談して納得がいけばコンサルタント契約を結び、開業準備を始めることになります。

女性

長く愛されるために

インバウンドとは日本ではビジネス一般において、企業側に届く顧客からの声という意味で使われています。また、旅行業界では外国人観光客のことを指す単語となっています。このインバウンド客を取り込むビジネスが注目されています。

女性

場所選定や資金調達など

医院を開業するには場所の選定から資金調達、行政への届け出など数多くの準備が必要です。また開業後も多くの患者さんに来てもらい経営を安定させなければ、開業医を続けていくことができません。開業支援コンサルタントを利用することでスムーズに開業まで持ち込め、その後の経営安定のためのアドバイスが得られます。

成功のための手引き

オフィス

どうせ会社売却をするのであれば、悔いなく行い、成功と言える状態にしたいところです。何を意識して取り組めばよいのでしょう。まずは最終的に会社売却を行う日程を明確にしましょう。スケージュールを決めるのは当たり前のことですが、曖昧にしてしまったがために気持ちの整理がつかず、ずるずると予定が延びてしまうということがよくあります。会社売却には様々な想いがあるかもしれませんが、これが成功への大きな一歩となります。日程を決めることが出来たら、予定日から逆算してやるべきことを1つずつ終わらしていきましょう。まずは業績評価です。現在どれほどの資産を持っているのか、そして将来的にどれくらい稼ぐことが出来るのかの2点を明らかにします。特に後者に関しては取引時の評価に大きく関わることなので、綿密な調査が必要です。次に、業績や取引などの不明瞭な点の調査を行います。買い手としては不明瞭な取引は大きなリスクであり、安全性の確認できない会社は敬遠してしまいます。お互いに気持ちよく取引を行うためにも、自社に関するあらゆることについて説明できるように準備しましょう。最後に売却先の選定です。会社売却を決めた背景には様々な理由があるはずですが、その理由や目的を果たせる取引でなければなりません。納得できる買い手を見つけ、しっかりと交渉しましょう。もちろん相手に条件を課す以上、売り手も誠意を示す必要があります。そのためにも、売却の日程を明確にすることや、不明瞭な点をなくすといったことが重要です。